グランフレール(GF)

<グランフレール 体験練習会につきまして>

2018年新中学一年生対象の体験練習及び入団募集につきましては2月4日にて終了となりました。多くの皆様のご参加まことにありがとうございました。

新1年生26名と新3年・2年生にてチーム一丸となり、「全国大会」目指しスタート致します。

今後ともよろしくお願い致します。

グランフレール代表(監督) 細田 忠宏

☆グランフレール「フェイスブック」はこちら☆

1206.jpg
写真:文部科学大臣杯 全日本少年大会開会式での行進

1207.jpg
写真:全国大会 大応援団と共に勝利の瞬間

0130.jpg
写真:全国大会 雨の中での準々決勝

01311.jpg
写真:2017年11月最後の大会にて3年同士の対決となった準々決勝後
3年生29人全員にて

<グランフレール お問い合わせ先>

連絡先:代表(監督)細田 忠宏 携帯070-6554-1963 ファックス03-5703-5735

E:mail:こちらをクリック
入団申込書必要な場合はこちらをクリックしてください
tad.hoso@gmail.com)

2017年大田区城南秋季大会優勝
初の四連覇達成へ!
(2016年春・秋・2017年春・秋)

1203.jpg

グランフレール 侍ジャパン

グランフレール鎌田 州真(レッドローズ出身:志茂田中学校)が侍ジャパンU15に選出されました。2017年11月の国際大会に日本代表として出場し見事優勝致しました。

*侍ジャパンについてはこちら

1001.jpg

20171105_3_1-6.jpg

20171105_3_1-7.jpg

101.jpg
100.jpg
102.jpg

2017年オール東京/東京選抜 グランより選出

グランフレールより2017年オール東京、東京選抜に下記選手・スタッフ7名が選出

2017年オール東京 (U-15全国KWB野球秋季全国大会に東京代表選手として出場)
・鎌田 州真(レッドローズ出身・篠原 航太(レッドローズ出身
・石渡 健斗(レッドローズ出身)・多々見 敢太(東糀谷ゲールス出身

2017年オール東京(U-15全国KWB野球秋季全国大会に東京代表コーチとして出場)
・細田 忠宏(グランフレール監督)

2017年東京選抜(新潟コシヒカリ大会に東京代表として出場)
・佐伯 隼(レッドローズ出身)・我妻 冠太(フレール出身

02.jpgオール東京の選手達
04.jpg東京選抜の選手達
03.jpgオール東京グラン選手達

2017年文部科学大臣第8回全日本少年春季軟式野球大会(全国大会)
東京都代表 グランフレール ベスト8

*公益財団法人 全日本軟式野球連盟の全国大会についてはこちら*

0401.jpg

<グランフレールではFacebookによる球団情報発信を開始しました>
随時更新中!

☆グランフレール「フェイスブック」はこちら☆

グランフレール主な高校(野球部)進学先

<東京>
修徳高等学校・関東第一高等学校・二松学舎高等学校・東京実業高等学校
東京高等学校・世田谷学園高等学校・東海大高輪台高等学校・高輪高等学校
東京学園高等学校・成立学園高等学校・多摩大目黒高等学校、日本学園高等学校
駒沢大付属高等学校・大森学園高等学校・朋優学園高等学校・都立雪谷高等学校
都立桜町高等学校・都立深沢高等学校・都立小山台高等学校・都立六郷工科高等学校
都立大森高等学校・都立城東高等学校・都立田園調布高等学校・都立総合工科高等学校
都立目黒高等学校・都立広尾高等学校・専修大学付属高等学校・日本大学第一高校学校
城西大城西高等学校・日体荏原高等学校・日本ウェルネス高等学校・青山学院高等学校
日本大学桜ケ丘高等学校・日本大学鶴ケ丘高等学校・立正大立正高等学校・国士舘高等学校
都立文京高等学校・昭和鉄道高等学校
<神奈川>
法政第二高等学校・横浜創学館高校学校・横浜商科大高等学校
<静岡>
東海大翔洋高等学校・飛龍高等学校
<千葉>
東海大浦安高等学校・千葉英和高等学校・東京学館浦安高等学校
<沖縄>
興南高等学校

*印 グランフレールOB選手在学時甲子園大会出場

グランフレール過去の主な戦績

◎主な東京都大会成績(第3位以上の成績記載)
東京都軟式野球連盟東京都大会 優勝3回準優勝5回・第3位4回
KWB東京都大会 優勝4回準優勝3回第3位6回
東京都知事杯東都少年軟式野球大会 優勝3回準優勝2回第3位4回
クラブリーグ選抜野球大会 優勝1回準優勝2回・第3位1回

◎全国大会及び関東大会の出場(東京都代表として)
全日本少年軟式野球大会出場1回(全国大会)
KWB全国選手権大会出場4回(全国大会)
全日本クラブリーグ全国選手権大会出場2回(全国大会)
関東少年軟式野球大会出場3回(関東大会)
KWB関東選手権大会出場3回(関東大会)

◎グランフレールからのオール東京(選抜)選出数(東京都代表として)
2017年6名・2015年5名・2014年度3名・2013年度4名・2012年度3名
2011年度4名・2010年度3名・2009年度3名・2008年度2名

2016年10月16日 第16回東京都新人戦軟式野球大会
優 勝(2017年3月開催の全国大会へ!)

1104.jpg

<10/17日掲載 東京新聞掲載記事は下記をクリック>
1029.jpg

<10/25日掲載 東京新聞掲載記事は下記をクリック>
102701.jpg

IMG_0604.JPG2016年大田区大会サヨナラ勝ちにて優勝の瞬間

IMG_0807.JPG2016年5月大田区大会優勝の集合写真

<グランフレール試合情報>

2016年9月18日
第16回東京都新人軟式野球大会開会式

092203.jpg
各支部代表主将達と選手宣誓

2016年9月3日
第35回東京都知事杯東都少年軟式野球大会優勝
6年ぶり3回目の優勝

092201.jpg
優勝にて行進する選手達

・2016年8月28日
東京都軟式野球連盟王座決定戦にて準優勝。決勝戦、最終回に東京都中体連強豪の駿台学園中(中体連代表)に1点先取され、0-1で敗退しました。

102602.jpg
試合前のウォーミングアップ

・2016年8月12日
第6回全日本少年軟式野球クラブチーム選抜大会(滋賀県)に出場しましたが、広島県代表に1-4にて敗戦致しました。全国大会でレベルの高いチームと試合をさせていただき、非常に勉強になりました。

102601.jpg
試合開始時の整列

・2016年7月31日
新チームが平成28年度大田区少年軟式野球新人戦大会にて優勝しました。この結果、9月に行われる東京都少年(新人)軟式野球大会へ大田区代表として出場します。

102606.jpg

・2016年7月24日
第48回東京都少年軟式野球アンダーアーマー大会にて第3位となりました。東京都大会べスト4以上のため 8月下旬に実施される平成28年度東京都王座決定戦に出場します。

102604.jpg

・2016年6月19日
平成28年度大田区城南軟式野球大会にてグランフレールAが優勝、グランフレールBが第3位となりました。この結果、8月に実施される第35回東都少年軟式野球大会に出場します。

・2016年5月3日
平成28年度大田区少年軟式野球大会にてグランフレールAが優勝の結果、第48回アンダーアーマー東京都軟式野球大会に大田区代表として出場が決定いたしました。
(グランフレールBは第3位)

・2016年4月
大田区代表決定戦勝利の結果、第33回全日本少年軟式野球東京都大会へ大田区代表として出場が決定致しました。

・2015年12月
東京都代表決定戦に4-0で勝利の結果、
2016年に滋賀県にて開催の全国大会「第6回全日本少年軟式野球クラブチーム選抜大会」に東京都代表として出場が決定しました(3年ぶり2回目の出場)

・2016年2月
第20回中野区交流大会にて優勝しました。

2016年7月2日(土)第48回東京都少年軟式野球大会(アンダーアーマートーナメント)の開会式が大田スタジアムにて実施されました。

その際、日本プロ野球選手会主催の「キャッチボールクラシック東京都予選会」が実施され、出場56チーム中、記録126回にてグランフレールが優勝しました。これにより12月に山梨県で実施の「日本プロ野球選手会 キャッチボールクラシック全国大会」へ東京都代表として出場します。

キャッチボールクラシックの詳細はこちら

070402.jpg選手宣誓 グラン脇本主将
07045.jpg都大会入場行進
070403.jpgキャッチボールクラシック
070401.JPG優勝の瞬間
gf9
gf10
gf11
gf12

<グランフレールのチーム活動方針とは?>

チーム方針としては「継続することの大切さ」をモットーに活動しております。

<グランフレールのチーム練習方針とは?>

グランフレールの場合、練習は(一部大会や試合等の関係にて異なる場合ありますが)基本三学年の全体でやります。主な理由は、

1.チームは一つという考えからです。
2.同級生はもちろんですが、先輩、後輩含め大人数でいることは人間関係や仲間関係を学ぶことをできる場という考えからです。
3.上級生は下級生に教えることができる。教えることは自分が理解してないとできないので、上級生自身も学ぶことができる。一方で下級生は上級生を見ることや一緒に練習することで学ぶことができるという考えからです。
4.グランで一緒にやっていた先輩や後輩、必ず卒団になってもいい仲間であり、そして友人であり、そして助け合うことができる関係になってほしいためです。例えば高校にいっても、そこにいるグランの先輩は新しく入学したグランの後輩を支えてほしいですし、例えば大人になっても同じ仲間として友人であり、互いに助け合ってほしいという考えからです。

<部員数:2017年12月現在>
中学3年29名・新中学2年22名・新中学1年27名
201.gif

gf9
gf6
gf5
gf12
gf9
gf11
gf10
gf12

<グランフレールOB情報・大学生・JRA(中央競馬)>

gf5甲子園にて先頭の飯野主将
gf63番スタメンにて出場
gf7騎乗訓練中の川又君
gf8JRA騎手学校入学式(右端)

<グランOBの主な大学進学先>
明治大・東工大・国学院大・成蹊大・成城大・早稲田大・法政大・横浜国立大・日本大・駒沢大・専修大・学習院大・東洋大・神奈川大・東海大・国士舘大・鶴見大・関東学院大・東京情報大・東京経済大・横浜商科大・横浜桐蔭大・帝京大・立命館大・青山学院大・立正大・獨協大・新潟大・筑波大・拓殖大・金沢大等々。

gf1
gf2
09.jpg
gf4
Q: 試合などチーム編成はどうしてますか?
2015年度はチーム編成は、城南連盟大会はAチーム(3年主体)・Bチーム(3年・2年主体)・Cチーム(2年・1年主体)・Dチーム(2年・1年主体)にて4チームにて参加。1年生リーグにも参加しております。
大田区大会はA・B・Cチーム編成にて3チーム参加。
上記以外での大会では 大会ごとに編成。また練習試合なども積極的に行なっております。
Q:練習について教えてください。
練習は通常、土・日・祝と実施しております。状況にもよりますが主に、全体にて練習するケースです。その他は①各登録チーム単位で練習するケース②各学年単位で練習するケースもあります。
Q:高校でも野球を続けるケースは多いのですか?
毎年多くの卒団生が高校へ入学後も野球続けております。
詳細は上記の一覧をご確認ください。
Q:親の当番などはありますか。
基本的に選手にて行なうのでありません。チームジャグ等飲料水当番は選手にて行ないます。また練習や試合などの保護者の担当当番も行なっておりません。
Q:チームの設備などはどうですか。
全球種型のピッチングマシン数台。バッティングゲージ、その他ネット各種があります。
Q:チームの月会費の費用について教えてください
2015年11月現在、月会費は2,500円で別途毎月合宿積立金500円、納会積立金で500円となっております。(入会金はありませんが、別途スポーツ保険加入等あります)